日本球界の若き至宝が早ければ1年後にも海を渡ることになった。プロ野球北海道日本ハムの大谷翔平選手は5日、球団から来年オフ以降のポスティングシステム(入札制度)を使った大リーグ移籍を容認すると伝えられ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)