大阪府高槻市成合の山林にある戦争遺構「高槻地下倉庫(タチソ)」を11月初旬、保存会のメンバーと歩いた。太平洋戦争末期、旧陸軍が地下司令部建設のために掘り始めたが、終戦で未完のまま放置され、劣化が急速に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)