1年の憂さを豪快に笑い飛ばし、来年の豊作を祈願する奇祭「笑い講」が4日、山口県防府市台道の小俣地区で開かれ、会場となった民家には「ワーハッハ」と大きな笑い声が響いた。約800年前の鎌倉時代から続く神事...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)