阪神大震災の犠牲者を悼む光の祭典「神戸ルミナリエ」が2日、神戸市中央区で開幕した。壊滅的な状況から立ち上がった人々への賛歌をイメージした発光ダイオード(LED)約30万個の光が夜空を照らした。 記事...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)