ソフトテニスのアジア選手権(11月16~20日、千葉・フクダ電子ヒルスコート)に、日本代表として出場した群馬県高崎市出身の佐々木聖花(早大3年)が船水颯人(同2年)とのミックスダブルスで優勝した。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)