青森県五所川原市と中泊町を結ぶ津軽鉄道で1日、冬の風物詩「ストーブ列車」の運行が始まった。一番列車には、待ち焦がれた鉄道ファンや観光客が乗車し、赤々と燃えるだるまストーブの火を眺め、列車の旅を楽しん...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)