鶏からH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された新潟県上越市の養鶏場で、県は1日未明、飼育されている約23万羽全ての殺処分を始めた。県職員や自衛隊員らが24時間態勢で、4日までの作業完了を目...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)