東京都議会定例会の本会議が1日午後開かれ、小池百合子知事は所信表明で、2020年東京五輪・パラリンピックの予算削減に強い意欲を示した。大会組織委員会が2兆円を切るとの見通しを示したことに対し、「都民の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)