新潟県関川村の養鶏場の鶏からH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、新潟県は30日も、養鶏場で鶏約31万羽の殺処分を続けた。また県は同日、同県上越市の養鶏場で鶏約100羽が死んでい...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)