視覚障害者スポーツ「ゴールボール」を、日本の黎明(れいめい)期から支えてきた人がいる。滋賀県守山市洲本町の西村秀樹さん(54)。日本ゴールボール協会副会長として、守山から競技の普及活動や後進選手の発...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)