青森市の家禽(かきん)農場で高病原性鳥インフルエンザに感染した可能性が高い食用アヒル(フランスガモ)が確認された問題で、県は29日午後8時5分、同農場で飼育するアヒル1万8360羽全ての殺処分を終了...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)