新潟県関川村の養鶏場で鶏約40羽が死んでいるのが見つかり、同県は29日未明、鶏から強毒性で大量死につながるH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。農林水産省によると、国内の家禽か...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)