同志社大学の留学生3人が26日から4日間の日程で青森県風間浦村を訪れた。同村は、同志社の創始者・新島襄が渡米途中に立ち寄った歴史から、同大学と交流を続けている。28日は、留学生3人が風間浦小学校を訪...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)