大相撲九州場所千秋楽(27日・福岡国際センター)で、鹿児島県最南端・与論島出身の十両、千代皇がホープの小柳を寄り切り、来場所の新入幕をほぼ手中にした。12日目から4連勝で8勝7敗。「周囲から『今場所...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)