「大卒3年目で、まさか自分が、という感じ。1年頑張ってきて良かった」。野球人生で一度しか受賞できない新人王に輝いた高梨の表情は晴れやかだった。  プロ2年目の昨季まで1軍登板は2試合のみ。3年目の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)