新体操の全日本選手権最終日は27日、東京・国立代々木競技場で行われ、男子種目別決勝で臼井優華(大垣共立銀行OKBク)が全4種目とも優勝した。  臼井はロープで18.650点、クラブで18.675点...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)