第一生命を優勝戦線に引き上げたのは、3月の名古屋ウィメンズマラソンで2位となり、リオ五輪代表の座をつかんだ28歳の意地だった。5番手でたすきを受けた5区の田中智は、どんな展開でも序盤から突っ込むつも...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)