広島の松山が来季の4番奪取を誓う。「このまま中途半端な選手で終わりたくない。新井さんから(4番の座を)取りたい」。打率2割9分1厘、10本塁打、41打点だった成績に満足せず、中心打者としてレベルアッ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)