プロ野球・楽天の下妻貴寛捕手(酒田南高出)が25日、山形市内で山形新聞のインタビューに答え、1軍戦出場がなかったプロ4年目を「悔しいシーズンだった」と振り返った。課題は打撃と自己分析し、一方で23歳...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)