クラブ史上初めてJ2降格が決まった2015年。社長の左伴繁雄や強化部は戦力の「継続路線」を打ち出し、主力の慰留に努めた。一方で首脳陣は刷新。監督に、大分トリニータなど3クラブをJ1に導いた小林伸二を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)