ボクシングの第86回全日本選手権最終日は20日、愛媛県松前町の松前公園体育館で8階級の決勝を行い、県勢はミドル級の梅村錬(拓大1年、江南義塾盛岡高)が準優勝した。  梅村は決勝で前回の準決勝、岩手...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)