北海道弟子屈町の観光名所、屈斜路湖が波立つ様子をアイヌ文様で表現した着物が、米ボストン美術館に収蔵されることになった。制作した弟子屈町の磯里多恵さん(80)は「大変名誉なこと」と喜んでいる。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)