ソフトテニスのアジア選手権第3日は19日、千葉市のフクダ電子ヒルスコートで男女のダブルスがあり、男子の上松俊貴(理大付高3年)・船水颯人(早大)が初優勝した。上松は18歳で、全種目を通じて日本人最年...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)