仙台は外国人が1人少ないとはいえ、またも手も足も出なかった。接戦を演じることができたのは第1クオーターまで。時間がたつにつれて力の差が表れ、前半で試合を決められたのは前回対戦と同じだった。  栃木の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)