「殻を破る」をテーマに掲げた梨田昌孝監督は「点数は80点くらい」と2年目の秋季キャンプを振り返った。野手の強化には収穫を得たようだが、台頭を期待した若手投手には「目立つ選手がいなかった」と物足りなさ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)