沖縄県宜野湾市にあるアメリカ軍普天間飛行場周辺の住民らが騒音で健康を害したとして、国に損害賠償などを求めた裁判で、那覇地裁沖縄支部は17日、国におよそ24億5800円の賠償を命じた。アメリカ軍機の飛行...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)