秋季キャンプの参加選手で最年長31歳の伊志嶺忠が、16日の紅白戦で適時打を放ち、健在ぶりをアピールした。本職は捕手だが「来季はとにかく試合に出たい」。出場機会を求め、ポジションにもこだわらない構えだ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)