横浜市港南区でソフトボールの審判員を務める庄司勉さんが、2千試合出場を達成した。38年間にわたりジャッジを続け、港南区ソフトボール協会理事長なども務める67歳は「2千試合は一つの区切り。体力の続く限...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)