大分県は2019年のラグビーワールドカップ(W杯)大分開催をにらみ、欧米からの訪日客の受け入れ態勢強化を本格化する。県観光はこれまで「アジア」に軸足を置き、欧米人向けの対応はこれから。拡張現実(AR...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)