鳥取県庁で15日、大規模な地震を想定した避難訓練が行われた。本庁舎や議会棟などで働く職員ら約1700人が参加。消防法に基づき毎年行われているが、鳥取中部地震が起きて間もなくとあって、それぞれが真剣な...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)