日銀の黒田東彦総裁は14日、名古屋市で記者会見し「企業収益は極めて高水準で、失業率はどんどん下がっている。賃金が上昇していく合理的な理由がある」と述べ、来年の春闘での賃上げに強い期待を示した。米国のト...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)