2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、ドイツのフェンシング協会幹部が11日、事前合宿候補地となっている群馬県沼田市を視察し、「合宿地として沼田以外は考えていない」との意向を明らかにした。  ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)