4年後の2020年東京パラリンピックから正式種目になる「パラバドミントン」の体験授業が、松戸市立松戸高校であった。生徒たちは、日本代表選手の「ハンディ」を感じさせないプレーを見学し、車いすを操作して...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)