中央省庁の事業の無駄を有識者が公開で点検する「秋のレビュー」は12日、4日間の日程を終えた。原子力関連事業で契約打ち切りも含む厳しい対応を迫った昨年に比べ、有識者の注文は控えめで「廃止」の結論もゼロ。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)