■接戦に冷静さ  9秒差の接戦となった女子を制したのは、2年ぶり県大会出場の武雄。ふだんは他競技の部活に励むメンバーは、アンカー山下真央が両手を広げてゴールに飛び込むとハイタッチで出迎え、力を合わせ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)