侍でも新境地―。増井が昨年に続く代表舞台で、進化した。2点リードの五回から2番手で登板。3回を2安打1失点。内容ある46球だった。  「ストライクゾーンでカウントを取って、ボールゾーンで打ち取るの...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)