この秋も広島の丸は打撃フォームを変えている。振り出す前のグリップの上下動を減らしたシンプルな打ち方に挑戦。「無駄を省くという発想」。143試合で3番を務めた打者が、さらなる進化を目指す。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)