ユーモアあふれる研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」を、「股のぞき」による物の見え方の研究で受賞した立命館大の東山篤規(ひがしやま・あつき)教授(65)が9日、東京都の日本記者クラブで記者会見した。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)