プロ野球のドラフト会議で、広島から3位指名された中部院大の床田寛樹投手が8日、関市の同大で球団のスカウト陣から指名あいさつを受けた。床田は緊張した面持ちを見せながらも「存在感があって勝てる投手になり...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)