2020年東京五輪で初めて採用されるスケートボードの普及に向けた動きが、県内でも活発になってきた。長崎市内で関連グッズなどを販売する中野剛さん(45)がこの秋、長崎スケートボード協会を設立し、自ら代...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)