JR博多駅前の道路大規模陥没事故で現場では9日、水がたまった陥没部分(長さ約30メートル、幅約27メートル、深さ約15メートル)にセメントを含む特殊な土を投入する埋め戻し作業が続いた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)