岡島豪郎が、浮き沈みの激しかった5年目の今季を糧にしようと躍起になっている。腰痛などの影響でシーズン途中に失速した反省から、体力強化に余念がない。「しんどい練習をして、シーズン中、困った時の引き出し...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)