九回2死、1点差に迫られたヤマハは、なおも三塁に走者を置いて打席に日本通運の4番を迎えた。最大の正念場に立たされた九谷は「気持ちで投げた」。中堅への飛球を長谷川雄ががっちりつかむとナインは勝利の雄た...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)