第42回社会人野球日本選手権は8日、大阪市の京セラドーム大阪で決勝を行い、ヤマハが日本通運(埼玉)を3―2で破り1958年の創部以来、悲願の初優勝を飾った。  ヤマハは六回、青柳直樹内野手の右前打を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)