11月に入り、青森県内の造り酒屋で新酒の仕込み作業が本格化している。八戸市内の酒蔵でも8日、杜氏(とうじ)や蔵人(くらびと)が作業に精を出し、芳醇(ほうじゅん)な香りが漂っている。  八戸酒造は9月...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)