JR博多駅前の道路大規模陥没事故で、福岡市は8日、地下水や下水がたまっている陥没部分を、固まりやすい特殊な土で埋め戻す作業を始めた。作業完了のめどはたっていない。商業ビルなど近くの建物は「現時点で倒壊...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)