JR東日本盛岡支社青森地区指導センター(川崎晴弘所長)は8日、青森市のJR青森駅構内で、人身事故の対応訓練を行った。JRのほか、警察、消防などから約100人が参加、事故発生時から運転再開までの連携手...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)