スポーツ庁は8日、2020年東京五輪・パラリンピックで実施される大量のドーピング検査に対応できる要員が国内で大幅に不足し、養成が急務などと指摘した特別チームの最終報告書を公表した。違反の摘発を目的...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)