右足親指などの負傷で先場所を全休した大相撲の横綱白鵬は7日、福岡県篠栗町の宮城野部屋で出稽古に来た平幕魁聖らと相撲を取った。番付発表から1週間後に他の部屋の関取と手合わせする本来の調整ペースで、関...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)