島田は最終5区の相良鮎が圧巻の走りを見せた。たすきを受けた時点でトップの常葉菊川とは25秒差。「何も考えず突っ込もう」と序盤の上り坂で粘りの走りを見せ、最後は常葉菊川の渡辺をかわし、独走でゴールテ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)